【ザ・ノンフィクション】2月5日放送の主役「星愛美」さんの半生があまりに壮絶…!

箱根駅伝2023/青学大の区間エントリー全走者の自己ベスト記録を徹底比較!

箱根駅伝

2023年1月2日に「箱根駅伝2023」が開催されます。青山学院大学(青学)にとっては2連覇がかかった大きな大会となります。

エントリーメンバーは全部で16人。そして2022年12月29日には区間エントリーが発表されました。

ただこの区間エントリーとは言ってみれば見せかけなのです。この事前エントリーのメンバーの当日変更可能人数は1日4人まで。さらに2日では計6名まで。この当日メンバーの変更こそが監督采配の腕の見せ所というわけです。そのため現時点で補欠になっているメンバーこそ、勝利のカギを握るランナーであるといっても過言ではないのです。

今回はエントリーメンバー16人全走者の、10,000,mとハーフマラソンのベスト記録を一覧表で比較をしていきます。更に、そこから浮かび上がるほかの大学のライバルなども紹介していきます!

青山学院大学の区間エントリー走者のベスト記録比較【箱根駅伝2023】

それでは、青山学院大学の区間エントリー走者、並びに現時点での補欠要員のメンバーの名前、学年、ベスト記録(10,000m・ハーフ)をまとめたものがこちらです。

【青学大区間エントリー:ベスト記録一覧表】当日変更更新済!

区間走者学年10,000mハーフ
1区目片将大4年28:19.531:02:36
2区近藤幸太郎4年28:10.501:03:42
3区横田俊吾4年28:24.781:02:36
4区太田蒼生2年28:32.17
5区脇田幸太朗4年29:03.661:03:13
6区西川魁星4年29:12.951:06:41
7区佐藤一世3年29:50.561:05:47
8区田中悠登2年28:35.601:02:33
9区岸本大紀4年28:23.711:03:49
10区中倉啓敦4年29:33.711:02:26
補欠中村唯翔4年28:29.431:02:52
補欠西久保遼4年28:21.391:02:30
補欠黒田朝日1年28:33.62
補欠若林宏樹2年28:25.711:03:18
補欠荒巻朋煕1年28:37.51
補欠塩出翔太1年29:25.831:04:14

こうして確認をしてみると、10,000mのベスト記録において、11人が28分台を記録。そして残りの5人が29分台であることが分かります。

これはひとつに青学大の総合力が高い次元で非常に整っている状態であるといってよいでしょう。つまり選手層が厚いということにつながるわけです。

青学大区間エントリー:10,000m記録のベスト5

エントリー走者のうち、10,000mの記録にて上位5人はこちらの走者になります。

【青学大区間エントリー:10,000m記録のベスト5】

区間走者学年10,000mハーフ
2区近藤幸太郎4年28:10.501:03:42
1区目片将大4年28:19.531:02:36
補欠西久保遼4年28:21.391:02:30
9区岸本大紀4年28:23.711:03:49
3区横田俊吾4年28:24.781:02:36

まずはエースの近藤幸太郎さん。一番27分台が近い選手です。

続いて底力のある目片将大さん。4年にして初の箱根駅伝で燃えている選手です。

次にこちらも初の箱根出走を目指す西久保遼さんが、肉薄したタイム差で追っています。

最後には、補欠スタートながら必ずどこかに変更エントリーで入ってくるであろう岸本大紀さん、次に「よこたっきゅう」のフォームでおなじみの横田俊吾さんが続くという展開です。

10,000mの記録はトラック競技の結果になるので、実際に郊外を走るマラソンとはまた環境が違うのですが、この指標はひとつ力の差をはかるのには必要な数値となります。

青学大区間エントリー:ハーフマラソン記録のベスト5

次にハーフ記録での上位5人は次のようになります。

【青学大区間エントリー:ハーフマラソン記録のベスト5】

区間走者学年10,000mハーフ
10区中倉啓敦4年29:33.711:02:26
補欠西久保遼4年28:21.391:02:30
8区田中悠登2年28:35.601:02:33
1区目片将大4年28:19.531:02:36
3区横田俊吾4年28:24.781:02:36

一番の記録をもつのが中倉啓敦さんですね。全大会でアンカーとして安定した走りを魅せゴールテープを切った本人です。今回もラストランナーである10区でエントリーされています。

中倉啓敦(青学)の引退後の進路と就職先は?家族や学歴(中学高校)に自己ベスト等実績を紹介!
2023年1月2日開催の箱根駅伝2023。青山学院大学でエントリー済の中倉啓敦(なかくらひろのぶ)さんは前大会で10区を走りゴールテープをきりました。卒業後の進路や家族(兄弟)に学歴(中学高校)のほか、自己ベストなどのマラソンの実績やプロフィールを調査!

続いて先ほどの10,000mでもランキング入りしていた西久保遼さんが続きます。この時点で西久保遼さんの今大会の出場は「あり!」となるわけですが、コンディションなどの問題もあるので、やはりそこは原晋監督次第となりますね。

続いて田中悠登さん、目片将大さん、横田俊吾さんと名前が続きます。

青学を脅かすその他大学ランナーのライバルとは?【箱根駅伝2023】

青学大のランナーは10,000mにて28分台、ないしは29分台の記録でした。

ただやはり今大会でもこの部分で27分台を記録している選手がいます。

この27分台という記録を残せるランナーは間違いなくその大学のエースとして君臨しており、青学大の2連覇を阻止するための布石となるはずです。

その27分台の記録を持つランナーがこちらです。

【箱根駅伝2023:10,000m記録27分台の選手】

大学名区間走者学年10,000m
駒沢大学2区田澤廉4年27:23.44
東京国際大学補欠イェゴン・ヴィンセント4年27:24.42
創価大学補欠フィリップ・ムルワ4年27:35.29
駒沢大学4区鈴木芽吹3年27:41.68
創価大学2区ボニフェス・ムルア4年27:43.60
早稲田大学3区井川龍人4年27:59.74

箱根駅伝2023のエントリー走者のうち、10,000mを27分台で走り抜ける記録を持つ走者は6人いました。うち3名は外国籍の走者です。

やはりこうして確認してみると、優勝候補筆頭の「駒沢大学」の姿が如実に浮かび上がってきます。

花の2区を走る駒沢大学不動のエース田澤廉さん。そして同じく往路の4区を走る鈴木芽吹さんです。往路のエース区間、準エース区間にて、この2人が起用されている。それだけの理由があるということですね。

また同じく花の2区では、やはり力のある「創価大学」のボニフェス・ムルア選手も控えています。

やはり今大会もこの2区は激戦になることが予想されます。この2区を青学大のエースである近藤幸太郎さんが迎え撃つわけです。ワクワクしますよね。

そして駒沢大学の往路4区を走る鈴木芽吹さんを相手にするのは、青学大の1年生黒田朝日さんです。黒田さんは家族の影響で幼いころから陸上をしているアスリートです。父親も弟も陸上経験者の陸上一家です。1年生ながら実力のある選手ですが、この4区が当日エントリー変更の可能性が高いともいえます。

黒田朝日(青学ルーキー)の身長体重などWikiプロフ!学歴(中学高校)に家族(親兄弟)も凄かった!
2023年1月2日開催の箱根駅伝2023。青山学院大学でエントリー登録されている黒田朝日(くろだあさひ)さんは青学の1年生!Wikiプロフィールと家族構成(父親兄弟)に学歴(中学高校)のほか、自己ベスト等のマラソンの実績などを調査!

山登り5区の若林選手に少しでも有利に襷を渡すために、この4区で差をつけられるわけにはいきません。おそらく経験が豊富な岸本大紀さん、もしくは中村唯翔さんあたりの起用があるのではないかと予想されます。

まとめ

2023年1月2日に開催される「箱根駅伝2023」。区間エントリーメンバーが発表されて、いよいよかという雰囲気になってきました。

今回は青山学院大学における、10,000mとハーフマラソンの記録でランキングを作りそこからの比較。更には浮かび上がるライバルランナーの紹介などをしてきました。

今から出走が楽しみで仕方がありません。もはや全員に頑張っていただきたいですね!

【関連記事】箱根駅伝2023:青学エントリーランナー(2023年1月2日発表時点)

全走者:箱根駅伝2023/青学大エントリー全走者のプロフ情報総まとめ!

1区:目片将大(青学)の進路は実業団?遅咲き苦労人の家族や学歴(中学高校)!

2区:近藤幸太郎(青学)の進路はSGH!家族や学歴(中学高校)にベスト記録!

3区:よこたっきゅう青学/横田俊吾の進路と家族!学歴(中学高校)も凄い!

4区:太田蒼生(青学)の私服と太田ママの謎!イケメン学歴(中学高校)と彼女調査!

5区:脇田幸太朗(青学)の進路は引退?家族や学歴(中学高校)にWikiプロフィール!

6区:西川魁星(青学)の進路は?家族や学歴(中学高校)に自己ベスト等実績調査!

7区:佐藤一世(青学)の家族(兄弟)と学歴(中学高校)!小柄でイケメン彼女調査!

8区:荒巻朋煕(青学)の身長体重Wikiプロフ!学歴(中学高校)と世代トップ記録!

9区:塩出翔太(青学)の身長体重やWiki経歴!家族(姉弟)学歴(中学高校)も調査!

10区:中倉啓敦(青学)の引退後の進路と就職先は?家族や学歴(中学高校)も!

補欠:岸本大紀(青学)の進路はGMO?家族や学歴(中学高校)にベスト記録!

補欠:中村唯翔(青学)の進路は実業団?家族や学歴(中学高校)に自己ベスト!

補欠:西久保遼(青学)の進路は実業団?家族や学歴(中学高校)に自己ベスト!

補欠:若林宏樹(青学)が新山の神に?家族(兄弟)や彼女に学歴(中学高校)を調査!

補欠:黒田朝日(青学ルーキー)の身長体重などWikiプロフ!学歴(中学高校)に家族!

補欠:田中悠登(青学)の身長体重などWikiプロフ!家族や学歴(中学高校)も調査!

箱根駅伝
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
みつばちをフォローする
全国わりびき情報館

コメント

タイトルとURLをコピーしました