【キングオージャー】リタ様のコミュ障と威厳ある王の5つの顔が素敵すぎた・・!

大西俊輔社長(QPS研究所)の家族(妻子供)と学歴(高校大学)を徹底調査!

人物

2023年1月27日(金)にテレビで放送される「ガイアの夜明け」に、大西俊輔(おおにししゅんすけ)社長が登場します。

なんとこの方、宇宙の人工衛星を開発する会社に新入社員として入社後半年で社長になったという人物なのです!

今回はこの大西俊輔さんの結婚や家族構成(妻子供)に関する情報の他、今の頭脳を築きあげた学歴(大学・高校)について調査しました!

大西俊輔社長の家族構成(妻子供)・結婚はしている?

大西俊輔さんの家族(妻・子供)についてまずは調査をしましたが、それという情報は何も公開されておりませんでした。

ただ画像で見てもさわやか風のイケメンでかっこいいですよね!それでいて36歳(2022年6月現在)という若さで、ひとつの会社で代表取締役社長CEOを務めている。

こんな男性を旦那さんに迎え入れたとしたら、その女性は間違いなく「勝ち組」ですよね!?

ただ後にご紹介する経歴なんかを確認してみると、何となくですが大西俊輔社長はまだご結婚されていないような気がします。よって奥様と子供はまだいないのかなと。そう感じる理由がこちらです。

大西俊輔社長の独身説の2つの理由

  1. 入社半年で社長になってそのまま激務のご様子
  2. 仕事の内容が「宇宙」だけに、壮大な男のロマン臭が強く女性に敬遠されそう

大西俊輔社長は、大学院を卒業されてから新卒入社半年後社長になられています。

普通はそこまでいく過程の中で女性と恋に落ち、浮き沈みありながらなんとか関係を築き上げ、役職がついて安定したら結婚みたいな流れがありそうなものですが、いきなり社長になったようなものなのでそれはそれは忙しいでしょう。女性との出会いとデートに費やす時間はなさそうです。

また仕事の内容が「宇宙の人工衛星」ですからね、めちゃかっこいいのですが、なんとなく男のエゴが強そうな職種なのでなかなか普通の女性が寄ってこなそうな気もします。

そのため妻子供を持たず、まだ独身を貫いている気がしますが・・こちらの詳細は情報を入手しだい更新しますね!

大西俊輔社長の学歴(出身高校・大学)

大西俊輔さんが卒業した高校と大学は次の学校になります。

大西俊輔さんの出身学校

高校佐賀県立佐賀西高等学校
大学九州大学工学部

宇宙の人工衛星を手掛けるような頭脳はどのようにして身についたのでしょうか。

偏差値などの詳細情報をそれぞれ確認していきましょう。

大西俊輔社長の出身高校:佐賀県立佐賀西高等学校

大西俊輔さんは佐賀県佐賀市の出身で、高校は「佐賀県立佐賀西高等学校」に通っていました。

自慢させろわが高校】佐賀県立佐賀西高校(上)「考える力」で世界を牽引 - 産経ニュース

高校名佐賀西高等学校
住所佐賀県佐賀市城内1-4-25
電話0952-24-4331
設立年度1876年
偏差値69(普通科)

佐賀県立佐賀西高等学校の偏差値は「69」で、堂々の佐賀県ナンバーワンの進学校です。

この佐賀西高は自立を重んじる校風のようで、教育方針も少しユニークです。

受験勉強だけを強いるのではなく、読書感想文のコンクールや英語での討論大会といった、他の学校との切磋琢磨を勧めています。「全国高校クイズ選手権」の佐賀代表にも選ばれた生徒もいるほどです。

教師は毎月、授業や学校活動のアイデアを持ち寄って話し合いを重ね、生徒自らに考えさせ可能性を引き出すことや、経験を積ませて世間の広さを自覚させることを、重視しているのです。

この佐賀県立佐賀西高等学校を卒業した有名人には次のような方がいらっしゃいます。

佐賀県立佐賀西高等学校卒業の有名人

・岩田和親(衆議院議員)
・原口一博(元総務大臣)
・香月隆(放送作家)
・糸山隆司(元バスケットボール選手)
・針すなお(漫画家)
・陣内綾子(中距離走選手)
・陣内孝雄(元法務大臣)
・水町亮介(バスケットボール選手)
・西岡孝洋(アナウンサー)
・大串博志(衆議院議員)
・潮谷義子(元熊本県知事)

大西俊輔社長の出身大学:九州大学

大西俊輔さんは、佐賀西高校を卒業後「九州大学工学部」に入学をします。

九州大学 伊都新キャンパス | Re-urbanization -再都市化-

大学名九州大学
学部学科工学部航空宇宙工学
住所福岡県東区箱崎
電話092-802-2125
偏差値62~69

大西俊輔さんが卒業した九州大学工学部の偏差値は62~69です。

この大学で本格的に今の知識の大本を学んでいくことになります。

大西俊輔社長は当時、「宇宙工学」を学びたいという思いで、九州大学で小型人工衛星を作っている研究室へと入ります。

そして大学4年生のころです、「QSAT」という衛星開発のプロジェクトに参加をするのですが、ここが運命の分かれ道。

当時大西俊輔社長はそのプロジェクト内で『電源』の担当を希望したのですが、結果として『熱構造』の担当になり、そこで初めて八坂先生に出会うことになるのです。この八坂先生というのが、現在大西俊輔さんが社長を務める株式会社QPS研究所の創始者となる方だったのです。

そして大学を卒業後も「航空宇宙工学」を学ぶために同九州大学の大学院進学をし、最終的に博士課程まで進むことになるのです。

そしてこの大学院に在籍しているときに八坂さんの研究室で多くを学んだのはもちろんのこと、そのフィールドは九州大学にとどまらず、日本中の衛星プロジェクトに参加していた大西俊輔社長。大学を卒業する時には、すでに十数回のプロジェクトを経験していたというから驚きですよね。この時点で経験値は”十分”といえるほどだったのかもしれません。

まとめ

大西俊輔社長の家族と学歴の情報をまとめると次のような形になります。

  • 家族構成:独身の可能性が極めて高い
  • 出身高校:佐賀県立佐賀西高等学校
  • 出身大学:九州大学工学部
  • 大学院:九州大学宇宙工学専攻(博士課程)

前澤友作さんの月旅行プロジェクト「dearMoon」然り、時代はもはや宇宙に向かっています。

大西俊輔社長のこれからの活躍ぶりにも大きく期待をしていきましょう。

人物
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
みつばちをフォローする
ザ・ヒーロー情報局

コメント

You cannot copy content of this page

タイトルとURLをコピーしました