【ザ・ノンフィクション】2月5日放送の主役「星愛美」さんの半生があまりに壮絶…!

三部敏宏(ホンダ社長)の学歴(高校大学)はあの有名映画のモデル校!

人物

2023年1月5日のカンブリア宮殿に、ホンダ(本田技研工業株式会社)の三部敏宏(みべとしひろ)代表取締役社長が出演します。今の時代にホンダがどうあるべきか。そして今後の事業展開について話されることと思います。

今回は三部敏宏代表取締役社長がホンダの頂点に上り詰めるまでに至った、その学歴を徹底的に調査しました。すると出身高校はあの有名映画のモデルであったり、大学は多くの社長を輩出しているあの大学であったりと、面白いことがたくさん分かりました!

ホンダ社長:三部敏宏の学歴(出身高校・大学)

現在は自動車メーカー最大手の本田技研工業株式会社のトップに君臨している三部敏宏さん。それはそれは立派な高校と大学を卒業されているのだろうと、思い込みがちですが実際はどうなのでしょうか。

三部敏宏さんが通っていた高校と大学を調査したところ、次の学校を卒業されていることが分かりました。

三部敏宏さんの出身学校

高校広島市立基町高等学校
大学広島大学

高校・大学ともに広島の学校に通っていたようですね。

大阪出身の三部敏宏さんですが実は親の転勤が関係して、中学校時代からこの広島で過ごすようになったようです。それではこの2つの高校と大学について、偏差値などの詳細情報をそれぞれ確認していきましょう。

三部敏宏の出身高校は「広島市立基町高等学校」!

三部敏宏さんは「広島市立基町高等学校」を卒業されています。

広島市立基町高等学校の裏事情 - 広島の学校裏事情

高校名広島市立基町高等学校
住所広島県広島市中区西白島町25-1
電話082-221-1510
設立年度1942年
偏差値普通科(69)

広島市立基町高等学校の偏差値は普通科で「69」です。

これは広島県の公立高校の中で、間違いなくトップの偏差値です。やはりホンダの社長になられる方は違いますね。頭も相当キレるものをお持ちなのでしょう。

広島市立基町高等学校は「君の名は。」の舞台モデルに

それにしてもこの広島市立基町高等学校なのですが、ものすごい芸術的な造りをしている最先端の高校なのです。

構造がおしゃれすぎて、あの有名な映画のモデルにも・・

そう、新海誠監督の有名映画である「君の名は。」に出てくる登場人物「瀧くん」の高校なんです。この新校舎は京都駅や札幌ドームなどを手がけた建築家の原広司さんが設計されており、まさに時代の最先端の高校といったところ。

ただ三部敏宏さんが通っていたころはもちろん今のような高校の姿ではなく、もっと古い感じのままであったとは思いますが、ただこうした「時代の最先端をいく思想」というものは今も昔も変わらず、生徒たちに指導されてきたのではないでしょうか。

広島市立基町高等学校を卒業した有名人

三部敏宏さん同様に高い思想を持たれた方が、この広島市立基町高等学校を卒業しているのだろうと思い調査をしてみました。

すると広島市立基町高等学校の卒業生で有名人なられた方は次のような方々でした。

広島市立基町高等学校卒業の有名人

・永田晃司(バスケットボール選手)
・佐伯博司(プロ野球選手)
・三宅正治(アナウンサー)
・松本美緒(漫画家)
・川本徳三(元プロ野球選手)
・中谷隆宏(アナウンサー)
・渡辺正(元サッカー日本代表監督、元サッカー選手)
・ませ田村茜(漫画家)
・仙田信吾(サンフレッチェ広島代表取締役社長・株式会社RCCフロンティア取締役会長)

三部敏宏さんと同じく社長の立場であれば、サンフレッチェ広島代表取締役社長の仙田信吾さんですね。報道関係のジャーナリストからテレビ局の局長になり、株式会社RCCフロンティア取締役会長にまで上り詰めた人物です。

その他特に有名なところでアナウンサーの三宅正治さんですよね。スポーツ実況が特に印象的でしたが、スポーツ実況から離れたあとは「めざましテレビ」の顔として活躍されていましたよね。

あとはバスケットボール選手やプロ野球選手、サッカー選手などが有名人として挙げられています。このことからも部活動などスポーツに関しても高い水準で取り組まれている高校であることがわかります。

また現在は普通科の他にも「創造表現コース」という美術アート系の学科に力をいれられているようで、ひょっとしたら漫画家の松本美緒さんやませ田村茜さんなどは、その思想教育を受けられて巣立った方なのかもしれませんね。

三部敏宏の出身大学は「広島大学工学部」!

そのような非常に最先端をいく高校を卒業された三部敏宏さんですが、卒業後は進学を決めます。

三部敏宏さんは当時の地元にある国立大学「広島大学工学部」へと入学をするのです。

広島大学 | J-MENA

大学名広島大学
学部学科工学部第一類(機械系)
住所広島県東広島市鏡山1-3-2
電話082-422-7111
偏差値52.5(工学部)

三部敏宏さんは広島大学の工学部に進むわけですが、ここで少し以外に思うのですがこの工学部の偏差値は「52.5(工学部)」程しかありません。

そんなに偏差値は高くないんだ・・意外だ

世の大手大企業の社長さんは「東京大学」とか「京都大学」とか、いわゆる最難関大学を卒業されているイメージでしたが、三部敏宏さんはその路線とは少し違う選択をされてきたようです。ただこの広島大学は国立大学で初の脱炭素キャンパスを取り組むなど、やはり未来を見据えた行動力のある大学であるといえます。

ちなみに脱炭素とは、政府が以下のように宣言したことによるものです。

2050年までに温室効果ガスの排出を全体としてゼロにする、カーボンニュートラルを目指す。
地球温暖化の防止策として、早めの行動がやはり大きな効果を生むことは明白です。
現在ホンダでもカーボンニュートラル運動の一環として、脱ガソリンを目指す電気自動車の普及に取り組んでいます。やはりこのあたりの大学の思想が、卒業生である三部敏宏さんの根底に根付いているのかもしません。

広島大学の卒業生で「社長」になった人物

広島大学はかなり多くの「社長」さんを輩出している学校です。

現在わかっている有名どころの社長さんの名前をあげると、次のような方々になります。

広島大学卒業後に社長になった方

・山崎芳樹(マツダ元社長)
・内海良夫(データホライゾン 代表取締役社長)
・内藤亨(パラカ 代表取締 執行役員会長兼社長)
・野村實也(中国工業 代表取締役社長)
・山下良則(リコー 代表取締役 社長執行役員・CEO)
・浅野和志(萩原工業 代表取締役社長 社長執行役員兼合成樹脂事業部長)
・先濵一夫(蝶理 代表取締役社長兼執行役員)
・尾﨑英雄(株式会社フジ 代表取締役社長)
・平井耕司(鳥取銀行 代表取締役頭取)
・平原敏行(ソルコム 代表取締役社長)
・清澤一郎(クエスト 代表取締役社長)
・日高大輔(ランシステム 代表取締役社長)
・江口英則(ウチダエスコ 代表取締役社長)
・土谷康彦(日本色材工業研究所 代表取締役社長)
・高木嘉幸(コスモスイニシア 代表取締役社長 社長執行役員)
・椋田昌夫(広島電鉄 代表取締役社長)

広島大学から社長になった方は、有名どころだけで実にこれだけいるのです。

三部敏宏さんと同様に大手自動車産業の「マツダ」で社長を務めた方もいらっしゃいますね。ちなみにこの広島大学からは「マツダ」に就職する方が多かったようですが、三部敏宏さんは大好きだったF1のビジネスをしたい一心で一人「ホンダ」を選択したようです。

広島大学は教育の面でも非常に魅力的な大学です。偏差値だけでものをいうような時代はもうすでに古いといえるでしょう。

三部敏宏さんの学歴まとめ

三部敏宏さんの学歴情報をまとめると次のような形になります。

出身高校:広島市立基町高等学校

  • 偏差値は「69」
  • 広島県トップの公立高校
  • 「君の名は。」のモデルとなったハイセンス高校(原広司さんが設計)

出身大学:広島大学工学部

  • 工学部の偏差値は「52.5」
  • 多くの社長さんを輩出している
  • 社会情勢にも敏感にそして意欲的に取り組んでいる

三部敏宏さんは、言わずもがな頭のよい人物です。

高校は確かに偏差値の高い学校に通っていましたが、大学は一流大学を出ているわけでありませんでした。広島大学は偏差値でいえばごく一般的な国立大学といった感じです。

こうした観点からも、三部敏宏さんの自己の意思の強さがうかがえます。そうした学歴だけでははかりしれない、個人としての強さを持っている方なんだなという気がします。

これから先「エンジンに頼らないホンダ」をどう創りあげていくのか、非常に楽しみです。

人物
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
みつばちをフォローする
全国わりびき情報館

コメント

タイトルとURLをコピーしました