【ザ・ノンフィクション】2月5日放送の主役「星愛美」さんの半生があまりに壮絶…!

ホンダ社長/三部敏宏の評判と支える家族(妻子供)!結婚相手はF1?

人物

2023年1月5日のカンブリア宮殿に、ホンダ(本田技研工業株式会社)の三部敏宏(みべとしひろ)代表取締役社長が出演します。

ホンダとしても様々な過渡期を迎える昨今ですが、この三部敏宏社長の評判はどのようなものなのでしょうか。また三部敏宏社長を支える家族(妻子供)に関する情報についても調査しました!

ホンダ社長:三部敏宏と事業展開の評判や意見をまとめてみた

三部敏宏社長は前社長であった八郷隆弘(はちごうたかひろ)さんからバトンを受け取る形で、2021年4月にホンダの代表取締役社長に就任されました。

その評判は業界内では非常に高いようです。その理由としては「今の時代に適任だ」ということ、そして「知識が豊富である」ということです。

三部氏に託す理由について、「豊富な知識と力強いリーダーシップ」の持ち主ということを八郷氏は挙げたが、それは三部氏とコミュニケーションをとったことがある人ならば、誰もが実感していることだろう。(引用元:Web Cartop

リーダーシップがあり、人柄もよく、知識も豊富とあれば、社長という立場にうってつけであるということはわかります。

特にホンダは今様々な変化を遂げる時期にきています。

長期的に携わってきた「自動車レースのF1からの撤退」。⇒2022年末に継続を決定!?

これまで主流にしてきたエンジン事業から一線を置く「脱エンジンとEV化」。

新しい試みから新事業をむかえるための「宇宙ロケット計画」。

こうした新しい事業展開が実際に今行われているわけです。更にはソニーと連携させた子会社も動き出しています。

これまで自動車主流で第一線を築きあげてきた今のホンダの姿を一気に変える、いわば大改革時代ともいえる時代になってきているのです。

そのため自動車ファンであった世間からの声は嘆きともとらえられるようなものが上がってきています。

なかなか目まぐるしく変貌する自動車産業です。特に脱炭素は政府から与えられた命題のようなものですからね、今後は軽自動車のEV化も加速して行われていくことでしょう。

2021年に発表したF1からの撤退も、当初の理由はカーボンニュートラル実現のためEV開発に集中するためとしていました。

F1からの撤退はなくなりそうですが、今後そのEV開発がどのように進んでいくのかは非常に興味深いものがありますね。

だからこそ新社長である三部敏宏社長の手腕がみんなきになるのです。特にモーターファンは二転三転させられた気分で、非常にやきもきしていることでしょう。

カーボンニュートラルなどの脱炭素計画を含めたこれからの世界の環境問題然り、ホンダやF1をこれまで支えてきたファンの期待然り、ホンダが今立たされた立場は非常に重要なものであると考えます。

ホンダ社長:三部敏宏の家族構成(妻子供)を調査!F1と結婚?

そのような非常に目まぐるしい環境に立たされている三部敏宏社長。

旦那の仕事を支える影の功労者としてよく家族(妻子供)の名前があげられますが、三部敏宏社長の家族構成はどのようになっているのでしょうか。

これに関してFacebookやTwitterなど、様々なSNSを駆使して調査をしましたが、それといって奥さんやお子さんの情報確認できるものがありませんでした。

そのため本当に仕事一筋で一人でバリバリやっている男性であるのか、それとも結婚自体をされていないのか、どちらかであると考えられます。

むしろ就職の段階でもF1ありきでホンダに入社をしていますから、女性よりもひょっとしたらF1を結婚相手に選んでいる・・なんてことはないと思いますが。笑

正直現段階では女性と結婚をしているのか、していないのかに対しても言及できるような状態ではありません。詳細な情報が入りましたら、こちらにアップします!

ホンダ社長:三部敏宏のプロフィール

最後に三部敏宏社長のプロフィールをまとめたものを紹介します。

名前三部敏宏
本名みべとしひろ
生年月日1961年7月1日
年齢61歳(2023年1月現在)
出身大阪府豊中市
高校広島市立基町高等学校
大学広島大学工学部第一類(機械系)
職業本田技研工業株式会社取締役代表執行役社長
職種実業家・技術者
趣味ランニング・ゴルフ

趣味が「ランニング」と「ゴルフ」というのが、いかにも経営者っぽくてよいですね!

技術者あがりのその手腕とリーダーシップでぜひとも更なる上の「ホンダ」を魅せてほしいです。

現在のご年齢は61歳(2023年1月現在)。経営者としては今が一番油が乗っている時期ではないでしょうか。活躍に期待しましょう!

まとめ

ホンダの新社長である三部敏宏社長。その立場は今後の自動車産業界においても非常に重要な立ち位置にあるといえます。

カーボンニュートラルや、自動車のEV化、脱エンジンにF1撤退から復帰の問題など、取り組むべき事業がたくさんあります。

その分「これまでのホンダ」を望む声もあれば、「変わらなければならないホンダ」の姿に期待する声もあるわけです。

三部敏宏社長のご家族の情報は得られておりませんが、一人と社員とで踏ん張るこれからの三部敏宏社長とホンダ職員の方々の支えあう姿勢が今後一層大事になってくるのではないでしょうか。

人物
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
みつばちをフォローする
全国わりびき情報館

コメント

タイトルとURLをコピーしました