【ザ・ノンフィクション】2月5日放送の主役「星愛美」さんの半生があまりに壮絶…!

森みわの結婚と家族!断熱材敷詰めパッシブハウスの建築構造と評判は?

人物

2023年1月13日放送の「ガイアの夜明け」で、高気密住宅をうりにしているパッシブハウス・ジャパン代表理事の森みわさんが登場します。

ヨーロッパで学んだ建築技術を日本の風土に合わせて提供しているパッシブハウス・ジャパン。断熱材を駆使した建築構造とその評判。更には森みわさん自身の結婚や家族、更には学歴経歴に至るまで徹底調査しました!

森みわは結婚している?家族調査!

まず森みわさんが結婚されているかについてですが、そういった情報は全く公開されていませんでした。

森みわさんはパッシブハウス・ジャパン代表理事を務めていますが、それと同時に鎌倉に構えている建築設計事務所キーアーキテクツ株式会社の代表取締役も兼任されています。

今の時代「エコ住宅がなによりも勝る」という概念のもと建物の建築が進められていますので、パッシブハウスのような技術は注目の的。つまり一言で簡単に言えば、

森みわさんはめちゃくちゃ忙しい・・

ということが容易く推測できるわけです。

つまり仕事が立て込みすぎて、恋愛や家庭に費やすような余裕はないのではないか、と感じてしまうのが率直な感想です。

ただ、2023年1月13日にテレビ放送される「ガイアの夜明け」では、どうやらその建築事例として「建築中の自分のおうち」を公開するようです。

ご自身の家を建築中で公開するとなれば、もし今森みわさんに家族がいれば、番組の中で旦那さんとか子供との生活や間取りの話がでてくるはず。 そうした会話がなければ、やはりまだ森みわさんは独身で仕事一筋なのではないか、と判断できるかと考えます。

森みわさんは結婚してる?家族は?

  • 森みわさんは結婚しておらず独身の可能性が高い!
  • 詳細は2023年1月13日放送の「ガイアの夜明け」番組内で確認

断熱材敷き詰めのパッシブハウスの建築構造

パッシブハウスというのはもともとヨーロッパ地方で生まれた建築技術です。

それを森みわさんが海外で学び、日本に持ち帰って事業を展開しているというわけです。

このパッシブハウスの一番の特徴ともいえるものが「断熱材」になります。この断熱材の使い方によって1999年の『次世代省エネルギー基準』の3倍近い断熱性能を実現しているというわけです。

つまり一つの家に使う断熱材の量が半端ない!

ということになるのですが、通常壁には100~150の厚さのグラスウールの断熱材を使用するのですが、パッシブハウスの性能基準を満たすためには300mm以上の厚みが必要とされています。

つまり通常の建築基準の2倍~3倍程度の断熱材を使用するということですね。

そしてさらに外壁の内側(室内側)と外側(屋外側)の両方に断熱を施工する、ダブル断熱工法が採用されているため、断熱材の使用量はさらにさらにその倍になるのか。確かにそれだけ断熱材で家全体が覆われれば、中で暖かい空気で充満させれば外に漏れだしにくい気がしますよね。

ただそれだけ断熱材を使うということは必然的に壁の中の厚さ(空間)がたくさん必要になるということになります。つまり部屋の居住スペースを狭くするか、居住スペースを維持したいのであればさらに大きな土地に建築をする必要がでてくるのです。

断熱材は一番安い暖房器具。絶対に元がとれる

~ガイアの夜明け~

以上のように森みわさんは番組内でもコメントされています。

断熱材にかかるコストは跳ね上がりますが、建築後のエアコンなどの暖房代を考慮すればかなりお得になるということですね。その金額が初期住宅ローンに組み込まれるのもうれしいかもしれません。

ではこのパッシブハウスの評判も調査してみましょう!

断熱材のパッシブハウス!その評判を調査

さて断熱材を駆使したパッシブハウス。

実際に建てられた方や、その住宅を視察された方などの評判を集めてみました!

実際に温度計などで確認してみても、外気が8度で家の中が23度からの暖かさをたもっていられるのであればそれはもの凄いことですよね。エアコンもいらないし基本自然な暖かさなのだろうから健康にもよさそうです。

ただ最後のコメントにもある通り「ではパッシブハウスの構造はいったい何年もつの?」といったところも大事ですよね。建築当初はよくても、断熱材がそれ自体の重さでしばらくたったら壁の中で落ちてきてしまったりしたら意味がなくなってしまいますものね。

こうした耐久性に関する面も確証がとれれば、かなり需要のある建築技術になっていくのではないでしょうか。

森みわの学歴(高校・大学)年齢などWikiプロフィール!

それでは最後に森みわさんのプロフィール情報をWiki的にまとめたものをのせておきます。

名前森みわ
生年月日調査中
年齢調査中
出身東京都
高校調査中
大学横浜国立大学工学部
海外Stuttgart大学建築・都市計画学部
資格ドイツ・バーデンヴュルテンベルク州公認建築士
所属キーアーキテクツ株式会社 代表取締役
職業パッシブハウスコンサルタント
パッシブハウス認定者
国連環境計画(UNEP)日本法人理事

生年月日などの情報も開示されておらず、年齢などもわかりませんでした。

ただ2009年に帰国されて日本でビジネスを開始したとなると、おおよそ40歳前後位ではないかと裾くできます。

大学は横浜国立大学工学部を卒業して、その後Stuttgart大学建築・都市計画学部にて留学をして技術を学びます。またその後はドイツ・アイルランド

の建築事務所での省エネ施設やパッシブハウスの設計プロジェクトに携わり技術を磨いてきました。

このパッシブハウスの技術が日本でどこまで広まっていくのか、今後のシェア状況に注目していきましょう。

まとめ

今回はパッシブハウス・ジャパンの森みわさんにスポットをあててお届けしました。

断熱材を駆使したその建築技術がどこまで日本に浸透するのか、今はエコ重視の社会であるためこれからより注目を集めそうな技術になりそうですね。

断熱材は通常の3倍ほど使用するため初期の建築費用は高くなりますが、居住開始からの暖房代の節約に本当につながるのであれば、それは素晴らしいことですよね。

今回のガイアの夜明けの放送後、どれだけの反響がでるのか・・楽しみです!

人物
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
みつばちをフォローする
全国わりびき情報館

コメント

You cannot copy content of this page

タイトルとURLをコピーしました