【ザ・ノンフィクション】2月5日放送の主役「星愛美」さんの半生があまりに壮絶…!

大西寿男(校正者)の学歴(高校大学)と年齢や出身のWiki経歴!【プロフェッショナル仕事の流儀】

人物

2023年1月13日にNHKで放送される「プロフェッショナル仕事の流儀」に、校正者である大西寿男(おおにしとしお)さんが登場します。

多くの作家さんや編集者から信頼され一目を置かれている職業「校正者」。

今回はこの大西寿男さんの学歴(高校大学)のほか、仕事経歴や年齢出身などのWikiプロフィールについて調査しました!

大西寿男の学歴(出身高校・大学)

大西寿男さんが卒業した小学校に中学校、高校と大学は次の学校になります。

大西寿男さんの出身学校

小学校調査中
中学校調査中
高校兵庫県立長田高等学校
大学岡山大学文学部考古学

大西寿男さんは兵庫県神戸市長田区の出身で、高校生までは実家暮らし、大学生から一人暮らしをしていたという背景が見えますね。

校正者という、いかにも頭がよくないとできなそうな職業の大西寿男さん。

卒業されてきた高校・大学の偏差値などの詳細情報をそれぞれ確認していきましょう。

大西寿男の出身高校「兵庫県立長田高等学校」

大西寿男さんは地元長田区の高校である「兵庫県立長田高等学校」を卒業されています。

No.4「掲げつとむる学灯の♪」 | 神撫会

高校名兵庫県立長田高等学校
住所兵庫県神戸市長田区池田谷町2-5
電話078-621-4101
設立年度1921年
偏差値72

兵庫県立長田高等学校の偏差値は「72」です。

兵庫県といえば私立高校の灘高校などがありますが、この兵庫県立長田高等学校は兵庫県内の公立高校の中でも5位、兵庫県内の全高校の中でも7位の偏差値の高さです。

やはりこの時から大西寿男さんはよく勉強のできる生徒だったのかなという印象があります。

ちなみにこの兵庫県立長田高等学校を卒業した有名人には次のような方がいらっしゃいます。

兵庫県立長田高等学校卒業の有名人

  • 伊藤利尋(アナウンサー)
  • 宇垣美里(アナウンサー)
  • 桂文喬(落語家)
  • 山本亮(マラソン選手(ロンドン五輪代表))
  • 子守康範(アナウンサー)
  • 瀬戸雄三(元アサヒビール社長)
  • 西澤あきら(アナウンサー)
  • 中内功(ダイエー創業者)
  • 中野瞳(走幅跳選手)
  • 矢野徹(小説家)
  • 淀川長治(映画評論家)
  • 陰山泰(俳優)
  • 湯浅真由美(アナウンサー)
  • 西内啓(統計学者、株式会社データビークル取締役)
  • 小野田俊蔵(佛教大学歴史学部歴史文化学科教授)
  • 澤井志帆(アナウンサー)

この高校の卒業生の特色として、評論家やアナウンサー、学者など文化人が比較的多い印象です。

コスプレなどマルチなタレントとしての才能も発揮している、アナウンサーの宇垣美里さんなどもこの高校の卒業生だったとは少し驚きました。

大西寿男さんはこの高校時代、小説を書いたり、同人誌を作ったりして過ごしていたようです。

この時はまだ校正者になるとかそういった意識はさほどなかったようですね。

大西寿男の出身大学「岡山大学(文学部考古学)」

大西寿男さんは「岡山大学の文学部考古学科」を卒業されています。

岡山大学の情報満載|偏差値・口コミなど|みんなの大学情報

大学名岡山大学
学部学科文学部考古学
住所岡山県岡山市北区津島中1-1-1
電話086-252-1111
偏差値61

大西寿男さんが卒業した岡山大学文学部の偏差値は61です。

考古学を専攻していた大西寿男さんですが、この時は編集者になりたいという目標が見えてきたころのようでした。

ちなみにこの岡山大学を卒業された文化人の有名人はこちらになります。

岡山大学卒業の有名人

  • 佐伯矩(栄養学創始者)
  • 小田晋(精神科医・学者)
  • 石川喬司(小説家、評論家)
  • 内田百間(小説家)
  • 萩原朔太郎(詩人)
  • 堀口捨己(建築家)
  • 東川篤哉(小説家)
  • 陰山英男(教育者)
  • 小長啓一(元通産相事務次官)
  • 吉永祐介(元検事総長)
  • 出口佳努(海上幕僚副長)

大西寿男の経歴まとめ

大西寿男さんが校正者になるまでの経歴を以下にまとめてみました。

大西寿男さんの経歴(大学卒業から時系列)

  • 大学卒業後、編集者になりたくて、東京の出版社をたくさん受けるもすべてに落とされる
  • 唯一拾ってくれた小さな編集部で半年あまり編集や校正など一通りを学ぶ
  • 小さな本屋さんでアルバイト
  • 友達の編集者から声をかけてもらって『文藝』(河出書房新社)の増刊号の校正をお手伝い
  • 『文藝』編集長の高木有(たもつ)さんからの勧めで、編集者ではなく校正者になる方向へ

大西寿男さんはもともと編集者希望でしたが、『文藝』編集長の高木有(たもつ)さんの一言で「校正者」を目指すようになります。これがまさに人生が好転するきっかけになりました。

じっくりと原稿や、原稿をページの形に組んだ校正刷り(ゲラ)と向き合って、徹底的に読み込む実務のほうが性格に合っていたと後の大西寿男さんはインタビューに答えています。

大西寿男のWiki風プロフィール(年齢・出身・著書など)

最後に大西寿男さんのプロフィールがこちらです。

名前大西寿男
よみおおにしとしお
生年月日1962年生まれ
年齢60歳(2023年1月現在)
出身兵庫県神戸市長田区
小学校調査中
中学校調査中
高校兵庫県立長田高等学校
大学岡山大学文学部考古学
著書『校正のこころ』(創元社)
『校正のレッスン』(出版メディアパル)
『かえるの校正入門』(かえるの学校)
『セルフパブリッシングのための校正術』
(日本独立作家同盟)など
所属校正者

1962年生まれの大西寿男さんは2023年1月現在60歳です。

還暦を迎える年になりましたが、これからの生涯現役で貫くのでしょうか。

多くの作家さんたちからの信頼をひとつの背中に受けているわけですから、正直まだ引退するわけにはいかないのかもしれませんね。

まとめ

大西寿男さんの情報をまとめると次のような形になります。

  • 出身高校:兵庫県立長田高等学校
  • 出身大学:岡山大学文学部考古学
  • 職業:校正者
  • 特徴:作家さんの神様のような存在

作家さんの手によって書かれた多くの本が、大西寿男さんの手によって修正されていると思うと、ものすごく不思議な感じがしますよね。

大西寿男さんは、まさに作家さんたちにとって神様のような絶対的な存在なのでしょう。校正者・・素晴らしい職業ですね!

人物
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
みつばちをフォローする
全国わりびき情報館

コメント

You cannot copy content of this page

タイトルとURLをコピーしました